ヨブス工房

1943年、ヨブス家の娘である、国立美術工芸デザイン大学を出た、リスベットとゴッケンと母エリザベートにより、家族による集団工房が完成。

その後、デザイナーであるエヴァ ヨブスに、現在は長男ジェスパーと妻オーサに工房は引き継がれ、さらにヨブス一家に加えて、外部からのデザイナーも工房の活動に参加しています。